仮想通貨初心者の元証券マンがビットコイン空売り目的のために口座開設して入金してみた【暗号通貨】

仮想通貨(Virtual currency) 投資全般

はじめに

私は今後仮想通貨が日常生活で使われるようなポピュラーな決済手段になり得るとは微塵も思っていません。

仮想通貨の盛り上がりと仮想通貨システム内で使われるブロックチェーン技術は全く別物であり、ブロックチェーン技術は繁栄すれど決済手段が仮想通貨である必要を特に感じないからです。

もちろん決済手数料の安さから導入したい小売店は多いと思います。

そもそもvisaがクレジット決済の手数料を取りすぎという点もあります。
仮想通貨決済がクレジットカード利用のシェアを大きく取るようなことになれば、各クレジットカード会社も手数料を下げざるを得ません。

私が仮想通貨が広く導入されないと思う理由!
まず何よりもボラティリティが高すぎます。(価格の変動性)
ドルや金にペッグする (連動して価格が動く) ものも出てきており、将来的にボラティリティが為替相場並みになったとしても、一時期の大相場を演じたハイボラティリティのイメージは拭えません。

また、投機目的としての利用を狙って売買する連中も多くいます。

投機目的の参加者を排除することはできませんが、ボラティリティを抑えるためには何よりも取引ボリュームが必要です。

仮想通貨には金利が付きません。
金利による複利効果が期待できないことは大口投資家にとっては大変なネガティブ要因です。

2017年末まで大暴騰し、その後の大暴落後しばらく値動きに落ち着きをみせていたビットコインも直近大きく値上がりしています。

私は近い将来やってくるだろう繰り返される暴落のときに備えて仮想通貨の取引口座開設を決めました!

なぜビットコインが再び暴落すると思ったの?

まず上昇の原因を探ります。
今回のビットコインの上昇はなぜ起こったのでしょうか?

私なりに考えた結果、今回の上昇は主に中国人による資本逃避であると仮説立てました。
ビットコインの上昇チャートに米中関税のニュースを重ねてみるとやはり2つは相関性がありそうです。
もちろん相場に絶対はありませんし、それだけが理由でもありません。

アメリカの先物取引委員会CFTCのレポートを見るとショートカバーの向きも強いように思いました。

しかし前提として私は仮想通貨が世の中のインフラにはなり得ないと思っているため
上がれば売る」スタンスを継続していきます!

よって今後の戦略としては、米中関税の知らせに注意しつつチャートが下がり始めれば戻り売りをしていこうと思います。
一旦下がり始めれば過度に売りが入ると思うので、落ち着いてチャートの動きについていきます。

仮想通貨取引も売りから入れるの?

株式を取引する際には「信用売り」という方法があります。
証券会社から株を借りてきてそれを売ることで取引を開始します。
株式を売るわけですから売却したお金は自分のものになります。借りてきた株を返すため一定期間後にその株を市場で買ってきて証券会社に返す必要があります。
売ったときよりも株価が下がっていればその差額が利益となります。

この信用売買には十分注意が必要です。
証券会社から株(または資金)を借りてくるので利子をつけて返さなければなりません。カリパク防止のためにいつまでに返済する、という期限も決められます。

仮想通貨ではこの信用売りを行える業者もいるようでした。

私はFXを使って売りから入ろうと思います。
信用取引とは別に売りから入る方法のひとつとしてFX(外国為替証拠金取引)があります。
これは差金決済で行われるため信用取引よりも大きなレバレッジがかけられるうえに、売りから入ることもできます。

米ドルやユーロ、豪ドル、日本円といった法定通貨のFXの場合レバレッジは最大25倍ですが、仮想通貨では5倍または10倍での取引となるようです。

どこの業者を選ぼうかな?

正直どこでもいいんですよね。
グーグル先生に聞いてみてもアフィカス勢がそれっぽく高単価案件をゴリ押ししているだけなのであまり参考になりません。
細かな手数料の違いはありますが、基本的に商売というのはそれぞれ各企業が切磋琢磨しあうため手数料やサービスにあまり差はありません。

私は「迷ったときは最大手」と決めています。安心で信頼がおけることが一番大切だからです。

証拠金取引の大手でいえば、GMOとDMMの2強です。
GMOは新垣結衣、DMMはローラ。

自然とGMOの口座を開設していました(^J^)

トレードタイミング

目安はいったん1BTC100万円でしょうか。加速度的に上昇しているとはいえ、まだ極度の過熱感はないように思います。 いっそ300万円くらいまで再び上昇してほしいものです。 そうなれば、ナイアガラの滝も綺麗にフォールダウンしてくれると思っています。

続報は当ブログにてお伝えできればと思いますので、引き続き宜しくお願い致します。

追伸
仮想通貨だろうが暗号通貨だろうが呼び方はどうでもいいと思います。