安全にFX取引を行い、明るい将来に備えよう!

FX投資

FX / 外国為替証拠金取引

皆さんは、FXと聞くとなぜ「危ない」「怖い」ものだと感じるのでしょう。

為替をつかった運用で最も身近なものは、外貨預金でしょうか?
まず外貨預金を用いて、なぜFXが危ないものであると思われているかを説明しましょう。

1ドル100円の時、外貨預金で1万ドルを保有するのに必要な日本円は100万円です。
1ドル100円の時、FXで1万ドルを保有するのに必要な日本円は4万円です。
1ドルが99円になった時、保有している1万ドルは99万円の価値になります。つまり1万円の損失です。

外貨預金を行った人(Aくん)の心理とFXを行った人(Bくん)の心理状況はどうでしょう。
100万円を米ドルに投資して99万円になったAくんは運用損益-1%
4万円を米ドルに投資し3万円になったBくんは運用損益-25%
金額が多くなればBくんのストレスはさらに物凄いものになっているでしょう。

どうしてこのようなことが起こるのか。
それは、4万円の元手で100万円分の投資を行える「レバレッジ効果」が理由です。

FXを安全に取引するためには、このレバレッジについて勉強し、レバレッジの魔力(魅力)に打ち勝つ必要があります。

FXは投資ではなく、投機。つまりギャンブルです。これが実態です。それを理解し上手に付き合うことで、優れた資産運用の手段となります。

FX(外国為替証拠金取引)の特徴

  1. 少ない資金で大きな金額の取引ができるレバレッジ運用が可能
  2. 相場が下がると思えば「売り」から入れるトレード
  3. 高金利通貨を買うとスワップポイント(金利)がもらえる

FXの最大の特徴は、レバレッジをかけた運用ができる、という点です。
元手の25倍ものお金を使ってトレードできます。
仮想通貨FXではレバレッジは最大4~5倍なので、外国為替FXはハイレバレッジが大きな魅力です。

FXの勝ち方

先に申し上げておくと、残念ながらFX投資を行う個人投資家の大半は負けます。
これは、実際にFX会社に勤めており顧客のトレード状況を日々監視している友人に聞いた話です。

個人投資家が負けるポイントは2つあります。
投資できる資金が少ないこと、そしてレバレッジを上手にコントロールできないことです。

資産が少ないと、強制ロスカットをうける可能性が高まります。
レバレッジコントロールをきかせる幅が狭いとトレード経験が蓄積されにくくなります。
あえてロスカットを使って投資管理している人もいます。

FX投資のやり方に正解はありません。
以下では、私が実践&目の当たりにしてきた『勝てるFX取引の仕方』について主観を記載します。
FXの経験を積みながらご自身に合ったトレードを見つけてみてください!

FXはテクニカル?ファンダメンタルズ?

ファンダメンタルズとは、「経済の基礎的条件」と訳され、経済成長率、物価上昇率、財政収支、や企業であれば売上高や利益といった業績や資産、負債などの財務状況のことをいいます。
短期でトレードする場合、テクニカルオンリーでトレードします。ファンダメンタルズはほぼ無視します。

テクニカル指標(分析)とは何かを簡単に説明します。
テクニカル指標とは、過去のマーケットデータを様々な視点や角度から分析して指標化したものです。
大別すると、過去から現在の水準を見て今が買われすぎなのか、売られすぎなのかをみるオシレーター系、現在のトレンドは上向きなのか下向きなのかを測るトレンド系の2種類となります。
オシレーター系にはRSIやボリンジャーバンドなどがあります。
トレンド系には、移動平均線やMACDなどがあります。

短期でトレードする場合、オシレーター系指標で「売られすぎ」かつトレンド系指標で「上向き」なら買いの注文を出す、というようなイメージですね。
私は1日でトレードを完結するするような場合、ファンダメンタルズは気にせずテクニカル指標を用いて勝負します!

スワップポイント狙いの長期投資は?

FXでは、金利の代わりにスワップポイントが付与されます。金利と同義だと思ってください。
低金利の日本円を売って、高金利通貨を買っておけばストレスの大きいトレードを細々とやる必要はなくなります。

しかし、私は決してスワップポイント狙いの高金利通貨投資はお勧めしません

高金利通貨として代表的な通貨はトルコリラや、南アフリカランドがあります。
高い金利がつくには、それなりの理由(政治・経済・地政学・物価など)があります。そこには大きなリスクがあるのです。安物買いの銭失いにならないようにしなければなりません。
もしそれでもギャンブルがしたいなら、ゼロになってもいいお金でガツンと一発狙いましょう!レバレッジかけられるFXは夢もあります。

取引通貨は?

世界の主要通貨は、米ドル/ユーロ/日本円です。それ以外の通貨は触りません。
その中でも特に大事なのは米ドルです、つまりアメリカの指標や要人の発言は絶対に外せません。
『世界の通貨はアメリカを中心に動く』ことを肝に銘じておきましょう。

具体的にどうやれば、何を勉強すればFXは上達するの?

間違っても0円の情報で上達しようとしてはいけません。
ここでいう0円の情報とは、インターネットで検索できる情報です。

何十万、何百万の利益を出そうとするのに「時間」と「適正なコスト」は惜しむべきではありません。

トレードの勉強には書籍と実践あるのみです!
以下におすすめのトレード実践本を記載しておきますのでご参考ください。

パターンを覚えるだけで勝率7割超! FXチャートの読み方 〜欧米投資家が好んで使うプライスアクションの教科書


ここで、絶対におすすめしない練習をお伝えします。

まずはデモトレードで練習しようとすることは、絶対にお勧めしません。
FXとは、精神の削り合いです。為替相場に関与するプロを相手に勝たなければならないのです。自分の身銭を切ってトレードするストレスとの勝負です。

FXは自分との闘いであるということを肝に銘じましょう。

FXのリスクや危険性について

FXは借金をする可能性があります。
実際は、ロスカットという仕組みがあるため借金をするほどの大きなマイナスを出すことはほぼありません。しかし、取引ボリュームの小さい通貨でトレードしている中、突発的理由によって大幅に為替が変動してしまった場合、自分が許容している損失幅以上の損が出る可能性があります。

FX業者倒産により、自分が預け入れた資金(証拠金)が返ってこないということはほぼありません。日本のライセンスを持ったFX業者は顧客から預かったお金は信託保全しているので大丈夫です。

海外のFX業者は500倍以上のレバレッジがかけられたり、キャッシュバックボーナスが大きかったり、メリットもありますが、業者の倒産により証拠金が取り戻せないリスクがあります。
また、トレードで儲かっても業者から難癖をつけられ出金してもらえないというケースもあり、私は業者信用リスクを危険視し国内のFX業者しか使いません。

おすすめのFX会社。口座開設。

各FX会社がそれぞれキャンペーンなどでサービスの質を競っています。
業者によってスワップポイントにも多少差があるので、スワップポイント狙いで取引を行うなら少しでも多くのスワップポイントがもらえる業者を選びましょう。※ただし、スワップポイントは変動です。

おすすめのFX会社はDMM.COM証券です。以下ご参考。

ちなみに外貨預金まったくメリットがなく、完全に情弱(情報弱者)ビジネスなので、今すぐやめましょう。

誰も教えてくれない本当に安全なFX運用

ここまでの内容をまとめると、『FXはレバレッジ管理をしながら短期トレードで勝ちましょう』という話でした。

しかし、これはレバレッジをある程度大きくかけなければ満足する利益も出ません。投機的な資産でハイリスクトレードをするためにFXを使うべきだ、という話でした。

では、安全なFX運用とはどんなものでしょう?
私のおすすめの安全運用方法をお伝えします。

※ノーリスクという意味ではありませんのでご注意ください。

基本的に、高金利通貨をレバレッジ1倍でコツコツ購入していきます。下がったら買う、下がったら買う。
積立投資のようにコツコツ日本円を高金利通貨に変えていきます。
もし、通貨が下がっていたら、日本円に変えずにそのまま現地でその通貨を使います!!!!

FXには両替機能があります。

日本円に戻すと損するくらいなら現地でそのままその通貨を使えばいいか、くらいの超ロングポジションが結果的にうまくいくのだと思っています。

それほどに為替の世界は難しい。

ただし、両替に対応していないFX業者もあるので注意が必要です。

おススメはマネーパートナーズです。

注意 投資は自己責任です、慎重に!