保険で貯蓄をしてはいけない、という意見に反論してみる

増やす投資

皆さんこんにちは。
旅行から帰ってきました。今日からまたよろしくお願いいたします。

本日は保険での貯蓄を勧めるための文章を書きたいと思います。
最初に言っておきますが、金融リテラシーを付けて損することは絶対ありませんので、
色々書籍などで勉強しましょう!

保険で貯蓄をしてはいけない4つの理由として以下の4つが挙げられていました。

1 低金利を固定してしまう。

2 破綻したら元本割れ。

3 余分なコスト負担。

4 融通性を失う。

それに対して反論してみたいと思います。

1 低金利を固定してしまう。
→これは円建ての保険の話をしていますね。
これから世界は上昇金利時代に突入します。金利が本格的に上がる相場がきそうなので、
外貨であっても今の金利で固定するのは惜しい気がしますが、
米ドル豪ドルともに2~3パーセントほどで積立できれば合格ではないでしょうか。

ここで問題なのは為替リスクですね。
積立保険であれば、ドルコスト平均法と同じようにコストを下げることができます。
そもそも貯蓄とは、長期間かけて財を積み立てることをいいます。
金利の高い通貨で為替リスクを時間分散させる投資は適しているのではないでしょうか。

さらに、終身保険や年金保険であれば貯蓄性のある保険の特性だけでなく
所得税住民税の控除を受けることができます。
この控除の話はいずれするとして、私個人としては保険に対してなんとなく入っていない人は単純に知識がないだけなので、
自分で勉強してみれば必ず保険に入るようになると思います。

2 破綻したら元本割れ。
たしかに破たんしないとは言いません。
えーと、破たんするって言ってる人はリーマンショックの教訓を世界の優秀な金融マンたちが活かさないとでもお思いか?
なんのためにソルベンシーマージン比率を公表するようにしたと?
日生よりも第一生命よりももっともっと財務力の強い外資保険に入っておけば、安心です。

3 余分なコスト負担。
余分なコストを払ってしまうのは、自分の勉強や知識が足りないからです。
しかし逆の考え方もできます。
コストを払うことで、プロにかわって運用してもらっている、と。
コストは払ってしかるべきです。

4 融通性を失う。
これはその通り。
しかし、貯蓄というのはあえて融通性、つまり流動性をなくす(解約できないようにする)ことでたまっていくんです。

なぜなら、人間は弱い生き物だから。