豪ドルを仕組む時が来た!か?

皆さんこんにちは。クリぼっち代表FX-payです。
先週は六本木にイルミネーションを見に行きました。涙で霞んでとても綺麗にLEDが光っていました。
聖なる3連休も相変わらず金儲けのことばかり考えていますので、早速本題に入ります。

現在豪ドルが対日本円、米ドルで急落しています。
かつて高金利国としてミセスワタナベに好まれた豪ドルですが、ここ10年は低金利下のもと1豪ドル80円~100円くらいのレンジを彷徨っています。
直近1豪ドル=78円を付けていますが、これは「中国の経済鈍化」が大きな印象要因でしょう。

良くも悪くも豪ドルは中国関連為替相場です(^J^)
オーストラリア貿易といえば中国への鉄鉱石、石炭が代表的なもので、中国経済の成長鈍化は豪ドル安に直結します。

今後の豪ドルの見通しですが、ここ5年ほどはGDPも2%台と鳴りを潜めている状況ですが、オーストラリアは資源も豊富で人口も順調に増加中、インフレもゆるやかであり、教育は世界トップクラス、観光客も多いと材料としては一方通行の下落ではなくレンジ相場を形成するポテンシャルはあると思います。よって80円から100円のレンジを見ながら80割ったらそこは押し目買いのスタンスでいきます(^J^)買い増し買い増し♪

また、今回は目先を変えてこんなのいかが?という商品もご紹介します(^J^)


日経225豪ドルコース(詳細)

・こちらは投資信託ですので、証券口座、しかもNISAでの買い付けが可能です。

簡単に意図を申し上げると、現在日経平均暴落中&豪ドルも暴落中ということで、ダブルのリスクを取りにいき上手くいけば大幅反発を狙おうという逆張り戦略です。

こういった逆張り投資をする際は、すぐにでも反発する目論みが必要です。無闇に「安いから買おう」ではなく、戦略をもって買いを入れていきましょう(^J^)基本的には順張りがいいと思います。

現在の日経平均はPER11倍
これまで14~16倍で推移していた日経平均がそこまで売り込まれるほど、業績の見通しは悪くなっていますでしょうか?SMBCから引っ張ってきました。

SMBCレポート

見通しは割と堅調っぽいんですよね(^J^)
株価は今のこの「先行き堅調」というところまでは織り込み済みで上がっており、その織り込んだ分が剥がれてる墜ちている印象です。

今後、「やっぱり日本経済の見通しはそこまで悪くないね」となれば適正水準(PER14倍前後?)まで戻るであろう、という目算で買いを入れました(^J^)

皆さん日経新聞はご覧になりましたか?日本のサラリーマンのボーナス過去最高ですよ!90万円が平均ですよ!

もちろん所得の二極化は進んでいるでしょうけど、平均が上がるならそれはそれでいいでしょ(^J^)
おそらくこのような景気のいい話は大企業だけの話であり、多くの人は実感できていないと思います。

日本経済を回すのは大企業か!はたまた中小企業か!

サラリーマンの7割は中小企業勤め。
人間の部位で例えると、大企業は脳、中小企業は手足。
脳が潤沢な資産を使ってくれれば中小企業も潤います。
大企業の社員が高いボーナスをもらい、キャバクラにいく、消費が活性化する、日本再興!!

こんな感じでさらに中国人もどんどん日本に来てくれて、消費潤う懐潤う♪なら最高ですね(^J^)

そして、今その中国が問題で豪ドル下がってるっぽい。。。


さぁ、皆さんはどうしますか?

タイトルとURLをコピーしました