RIZAPの株をNISAで積み立てている話

主に、大学生の皆さん、こんにちは。

 

今回は皆さんに是非お伝えしたい「なぜ私が野村證券に入社したか」をお話します。

個人的にはどこでもいいけど、これだけは譲れないというポイントを持って会社を選んでいます。

 

 

蓮舫さんは2番じゃダメなんですか、と仰いましたが、1番じゃなきゃダメなんです。

 

 

事例を用いて考えれば、容易に想像つくと思います。

皆さんはお家を買うとき、候補地の何を比較しますか?

価格・立地はもちろんのこと、施工管理会社や販売会社の社格も見ますよね?

ここでブランドや知名度、業界内順位が大きく関係してきます。

取引の金額が大きくなればなるほど、会社の信用リスクは重要になります。

 

少しイメージすれば簡単に理解できます。

儲かる企業には人が集まる⇒競争が生まれる⇒優秀な人物が集まる⇒さらに儲かる

こんな感じです。優秀な人が優秀な人を集める。金が金を呼ぶのと同じですね。

 

法人というのは個人の集積です。

松下幸之助の有名な言葉に「企業は人なり」という言葉があります。

優秀な企業ほど社員の「個」を重んじる傾向にあります。

これはリクルート時代に多くの企業訪問をして感じました。

 

大企業の福利厚生が優れているのは単に利益が大きく社員に還元しているだけでなく

社員一人一人が会社をなす石垣であることを表しているのかもしれません。

 

 

ここでタイトルに戻ります。

私が今注目しているRIZAPグループ

役員やアドバイザーにはそうそうたるメンツが並びます。

社長も若くコングロマリッド体制としてはまだまだ粗削りな部分はありますが、

そこを自覚してか元カルビーの松本さんを招へいしています。

若くて青々しいリヴィドーこそが成功の原動力です。

そう!全ての起源は性にある!

 

RIZAP社長の起業経緯も面白いですよね(笑)~~~↓~~~

152cm70kgの女性に告白されて交際開始

この子は痩せれば絶対綺麗になると確信し毎日彼女を鼓舞。ダイエットさせる

綺麗になった彼女を大学生に奪われる

本気で応援すれば人は変われることに気付き、ライザップを創業

タイトルとURLをコピーしました