『wizball』でLINEポイント交換申請が却下されたので考察する

増やす投資

なんでやねん!!

ウィズボールとは?

一言で言うと、yahoo知恵袋と同じです。

ユーザーができることは、①質問を作成する、②作成された質問に回答する、③良い質問または回答にVP(Voting Power)で評価する、この3つです。

とにかく良い質問、良い回答をすることでwizballへの貢献度が上がります。
その貢献度に応じて仮想通貨トークン(LINKpoint)が得られます。

その得られたLINKpoint(リンクポイント)をLINEポイント(ラインポイント)に交換することができ、ラインポイントは1ポイント1円としてコンビニやJCBカードを扱える店舗で使用することができます。

このサービス自体はLINEアカウントを持っていれば無料で参加できるので、現在急激にサービス利用者を増やしています。
定期的にキャンペーンなどを行っており、積極的にLINKポイントを配布しています。

今回は、私が得たLINKポイントをLINEポイントに交換しようと申請したのですが、その交換申請を却下されたので私は「おこ」なのだ!!!

申請却下理由を考察

却下の理由が書かれていないため、wizballの公式サイトヘルプを確認します。

公式サイトはこちら

該当しそうな禁止行為は

細かいことですが、それぞれ

1. 悪口⋅暴力的な発言相手のWizball名前を公開、または特定できる形での不適切な投稿暴力的⋅差別的な表現や、他のユーザーが不快に感じるような表現議論を超えるレベルの暴力的な発言

3. わいせつな文章⋅画像真面目な相談や疑問の解決を目的とせず、わいせつな行為や事柄を連想させる文章⋅画像⋅動画を投稿する行為

4. 質問⋅回答になっていない投稿質問として成立していない投稿質問とは関係のない、不適切な回答

あたりが該当しそうです。

あとは、voteがめんどうなので、一気に100voteとかをやっていたのでそれが該当するかもしれません。
また、アイコンがぴかちゅうさんなので任天堂様から肖像権がどうの~というお叱りがあったのかもしれません。

wizballのサービス自体がめんどうでLINEポイントへ交換申請してから一度もログインしてなかったことも理由に挙げられるかもしれません。
googleアドセンスの申請と同じように質問や回答を削除して改善しながら何度か交換申請だしてみるしかなさそうです。

コツコツやれる人なら今後けっこう稼げるようになるサービスではないでしょうか?

日本ってコンプラ厳しすぎない???