【比較】外貨投資の形

FX
スポンサーリンク

外貨投資の必要性

外貨投資?分散投資?グローバル化?インフレ?知ったこっちゃねえ。

勉強しないやつは投資なんかするな!というスタンスの筆者です。

よくある投資を勧める営業トーク

  1. 日本の財政は破綻します。国の借金は1年間の歳入の2倍です。国民一人当たり800万円の借金があります。だから海外資産を持つべきです!
  2. 安倍内閣、黒田日銀総裁はインフレを起こそうとしています。インフレがくれば円安になり貨幣価値が下がります、インフレに強い資産を持つべきです!
  3. 税金対策になりますよ!マンション買いましょう!NISAやりましょう!

⇒勉強しないなら投資なんてやめておきましょう。勉強したいなら一緒にしましょう。

投資手段の比較

外貨預金にメリットなし!

しいて言えばみんな大好き銀行さんでお手軽に外貨投資ができる、という心理的ハードルの低さでしょうか?

投資をするのに少し勉強をすれば外貨預金は不要だと気付くでしょう。

外貨預金を外貨のまま引き出して、旅行などに使えるという意見もありますが、為替手数料の最も安いFXを口座を用いて両替もできるのであまりメリットには感じません。

国内FX会社は圧倒的に為替手数料が安い!

なぜかって?それはノミ行為が行われているからです。

詳しくは下記のページで国内と海外FX会社の違いについて述べております。

こちら(工事中)

簡単になぜFX会社の為替手数料が安いかを説明すると、FX会社は為替手数料以外のところで利益を上げているから!ということです。

投資初心者は外貨建てMMFがおすすめ!

ここでは話を分かりやすくするために米ドルに投資するMMFの話に限定します。

証券会社に口座(証券口座)を開きお金を入れると、MRFという投資信託を自動的に購入することになります。MRFとは、めちゃくちゃ安全性の高い債券だけを組み込んだ投資信託のことです。証券会社は銀行ではないので証券口座にお金を置いておいても金利がつきません。証券会社が銀行から(顧客の)お金を引っ張ってくるために考えられた仕組みです。

MMFはそれのちょっとリスク取った版です。日本円建てMMFがあったときは定期預金の代わりに利用する方も多くいました。現在マイナス金利政策導入中の日本円、ユーロ建てのMMFは停止中です。

米ドルMMFを簡単にいうと、アメリカのめちゃくちゃ安全であろう金融商品に投資する投資信託です。安全な商品≒ローリスクローリターンなので利率は低いですが、日本円と比べた時に金利の旨みがあり、なおかつ為替変動リスクを負うことで円安時には利益を取ることができます。

ただし、投資信託だからといってNISAは使用不可なのでご注意ください。

円安、円高の両局面で利益を狙えるのはFXだけ!

つまり、投資だけではなく投機的な運用も可能ということです。

ただしこれは、リスクコントロールや投資に対する知識など必要になります。

是非下記記事もご参考ください。

【投資or投機??FXは投資に向かない?】(準備中)

債券はけっこうメリットが大きい!

ただしご注意ください。債券投資には債券投資の知識が必要です。

為替変動リスクのほかに、信用リスク、流動性リスクなどがあり、「金利が下がれば債券価格が上がる」程度の知識がない方はまだ投資しない方が無難です。

何事もそうですが、知識を増やせば選択肢も増える、ということですね。詳しくは債券投資の記事をご参照ください。参考:債券投資のすゝめ

まとめると

投資としても、投機としても使えるFXは有能!

ただし、正しい知識をもって研鑽を欠かさないように(^J^)

そもそもFXなんかは不招請勧誘といって金融機関に勤める営業マンは提案することがない商品です。

不招請勧誘とは、仕組みが複雑でハイリスクハイリターンの商品は金融商品取引法によって勧誘してはいけませんよ、と決められていることです。

興味があってFXを検索している人たちをターゲットにしているとはいえ、金融知識の全くないブロガーやアフィリエイターが不用意に勧めてよいサービスだとは全く思いません。

投資は慎重に!勉強しないならするな!

●投資の格言●
『卵は一つのカゴに盛れ、そして見守れ』

FXはDMM

個人的にUIが一番見やすく使いやすいです(^J^)

タイトルとURLをコピーしました